マスカラを塗るときにまぶたに付いてしまうことがあります。

 

メイクに慣れているひとでも付くことがあるので、メイクの初心者はより付きやすいということになります。まぶたにマスカラが付いたときに注意することは、指でこすらないということです。

 

取らないといけないと思ってすぐにこすってしまうと取ることができない上にまつげに塗ったマスカラがだまになってしまう可能性があります。

 

そのようなときは綿棒を使ってこすることで綺麗に取り除くことができるのです。

 

綿棒を使う事で狭いまぶたに付いたマスカラも綺麗に取ることができます。

 

綿棒は細かい部分のメイクをするときや修正するときに非常に便利なアイテムです。

 

まぶたについたマスカラを取るときのポイントは、リキッドファンデーションを付けた綿棒でこするということです。

 

何も付けない状態で使用するとまぶたに塗ったファンデーションが取れてしまいます。

 

また乾いた状態だと取り辛いということも問題です。

 

ですのでリキッドファンデーションを含ませた状態で使う事でマスカラを取ることができると同時にファンデーションを塗る事もできるのです。

 

本来の目的ではありませんが、いろいろな使い方をすることでメイクをするときに便利なアイテムに応用することができます。