口紅のキレイな塗り方

| 未分類 |

 

 

口元は、会話をする時など、以外と見られている部分ですので、口紅をきちんと塗っておくことを心掛けると、相手に好印象を与えることができるでしょう。

 
よりキレイな色を出すためには、コンシーラーを始めに塗って唇の色をぼやかしておくといいでしょう。

 

特に、淡いピンクベージュなどの色は、コンシーラーを塗ることで、そのままの淡い色で仕上げることができます。唇専用のものがありますが、ない場合でも、普段使いのパウダリーファンデーションでも代用できます。お肌用と分けて使いたい方は、ミニサイズのスポンジを別に用意しておくといいかもしれません。

 
次に、リップペンシルで、唇の縁をかたどっていきます。この方が、ルージュを塗る時に、はみ出しにくくなりますし、キレイに仕上がるので大切です。

 

急いでいる時などは、唇全体をかたどらなくても、特に上唇の山の部分とそのちょうど下の下唇のところを濃く描いておくと、短時間でキレイに仕上がりますのでおススメです。

 
リップペンシルの色で、ルージュの本来の色の印象が変わってきてしまいますので、リップペンシルとルージュ選びは、できるだけ一緒にした方がいいでしょう。

 
そのようにしてから、ルージュを塗っていきます。この時、リップペンシルでもうすでに縁が描いてありますので、唇の縁ギリギリまで塗らなくても、自然に仕上げることができるでしょう。”