グロスは唇にツヤや輝きを与えるためのもので、口紅のように鮮やかに発色しません。

 
透明なものから色付きのものまでタイプは様々ですが、見たままの色がつくというよりは、うっすら色がつくものです。

 
お通夜やお葬式のようなシーンでは、華やかに見えてしまうため使用することは控えた方が良いですが、逆にパーティーなどの華やかな場所では、いつもの口紅にプラスするだけで印象が変わります。

 
使い方は簡単で、リップブラシや指で塗るだけですが、使い方を間違えてしまうとメイクが手抜きに見えてしまったり、唇がだらしない印象になってしまいます。

 
使い方の注意点としては、適当に塗らないことと多量に塗らないということが大切です。

 
ツヤ感がメリットですが、唇の輪郭を曖昧にしてしまうというデメリットも持っていて、唇の輪郭が曖昧になると、口元にしまりがなくなり、だらしない印象になってしまいます。

 
多量に塗ってしまっても輪郭を曖昧にしてしまいがちです。

 
リップライナーでうっすら唇の輪郭にそって描いてから塗ると、色やツヤ、輝きはそのままなのに唇が引き締まって、上品に見えます。

 
リップライナーと軽く重なるように塗るとリップライナーとなじみ自然に見えます。

 
また唇の中心に少し多めに塗るとふっくらした唇に仕上がります。

 
注意点だけ気を付ければ使い方は難しくないので、いつもの口紅にプラスすることでメイクの幅が広がってきます。