» 未分類のブログ記事

 

 

グロスは唇にツヤや輝きを与えるためのもので、口紅のように鮮やかに発色しません。

 
透明なものから色付きのものまでタイプは様々ですが、見たままの色がつくというよりは、うっすら色がつくものです。

 
お通夜やお葬式のようなシーンでは、華やかに見えてしまうため使用することは控えた方が良いですが、逆にパーティーなどの華やかな場所では、いつもの口紅にプラスするだけで印象が変わります。

 
使い方は簡単で、リップブラシや指で塗るだけですが、使い方を間違えてしまうとメイクが手抜きに見えてしまったり、唇がだらしない印象になってしまいます。

 
使い方の注意点としては、適当に塗らないことと多量に塗らないということが大切です。

 
ツヤ感がメリットですが、唇の輪郭を曖昧にしてしまうというデメリットも持っていて、唇の輪郭が曖昧になると、口元にしまりがなくなり、だらしない印象になってしまいます。

 
多量に塗ってしまっても輪郭を曖昧にしてしまいがちです。

 
リップライナーでうっすら唇の輪郭にそって描いてから塗ると、色やツヤ、輝きはそのままなのに唇が引き締まって、上品に見えます。

 
リップライナーと軽く重なるように塗るとリップライナーとなじみ自然に見えます。

 
また唇の中心に少し多めに塗るとふっくらした唇に仕上がります。

 
注意点だけ気を付ければ使い方は難しくないので、いつもの口紅にプラスすることでメイクの幅が広がってきます。

口紅のキレイな塗り方

| 未分類 |

 

 

口元は、会話をする時など、以外と見られている部分ですので、口紅をきちんと塗っておくことを心掛けると、相手に好印象を与えることができるでしょう。

 
よりキレイな色を出すためには、コンシーラーを始めに塗って唇の色をぼやかしておくといいでしょう。

 

特に、淡いピンクベージュなどの色は、コンシーラーを塗ることで、そのままの淡い色で仕上げることができます。唇専用のものがありますが、ない場合でも、普段使いのパウダリーファンデーションでも代用できます。お肌用と分けて使いたい方は、ミニサイズのスポンジを別に用意しておくといいかもしれません。

 
次に、リップペンシルで、唇の縁をかたどっていきます。この方が、ルージュを塗る時に、はみ出しにくくなりますし、キレイに仕上がるので大切です。

 

急いでいる時などは、唇全体をかたどらなくても、特に上唇の山の部分とそのちょうど下の下唇のところを濃く描いておくと、短時間でキレイに仕上がりますのでおススメです。

 
リップペンシルの色で、ルージュの本来の色の印象が変わってきてしまいますので、リップペンシルとルージュ選びは、できるだけ一緒にした方がいいでしょう。

 
そのようにしてから、ルージュを塗っていきます。この時、リップペンシルでもうすでに縁が描いてありますので、唇の縁ギリギリまで塗らなくても、自然に仕上げることができるでしょう。”

 

リップメイクの基本としておさえておきたい重要事項は、口紅を塗る際に、「口を閉じたまま塗らない」ということです。

 

これは、メイクで口紅を利用した経験のある女性なら、年齢にかかわらず意識していることであるとは思います。

 

とはいえ、まったくの初心者の方の場合、けっこうミステイクになりやすい注意点ではあります。

 
くちびるを閉じたまま口紅を塗ろうとすると、くちびるの輪郭が定まりにくくなり、くちびるの外側のラインにそって口紅を塗ることができず、口を開いたときにムラになってしまうからです。

 

ですから、口紅を塗る際には、くちびるを少しだけ開く感じで塗ることが大切です。

 
「少しだけ」というとちょっとわかりにくい表現になってしまうかもしれませんが、わかりやすいイメージとしておすすめなのが、「い」もしくは「え」の発音をするときの口の形をキープしたまま口紅を塗ることで、ムラなく塗ることができるということです。

 
また、特に初心者の方の場合、口角(くちびるの端)を塗り残してしまう場合が多いので、あまり慣れていない女性は、口の形を「え」よりも「い」の形にして、口を横に大きく引っ張るイメージで開くと、口角の塗り残しを避けることができるでしょう。

正しい眉の描き方

| 未分類 |

眉の描き方ですが、基本的に3つのアイテムを使用します。

 

1つ目はアイブロウペンシル、2つ目がアイブロウパウダー、3つ目は、眉マスカラです。

 

これらは自分の髪の色に合ったものを選びましょう。

 

アイブロウペンシルは、芯が柔らかくて肌に優しいものを選択します。まず、黒目の外側の真っ直ぐ上延長線上を眉山に設定します。

 

ペンシルの使い方としては、眉山から眉尻、そして眉山から眉頭の順番で動かしていきます。

 

毛が生えていないところに足しながらラインをとっていきます。アイブロウパウダーは、ペンシルで描いたラインをぼかしながら使用します。

 

パウダーもペンシルと同じ順番で描き、眉頭から描かないようにしましょう。目と眉毛の距離が長いのが気になる方は、眉頭から鼻筋に向けて明るい色をのせるといいです。

 

眉マスカラは、黒い自眉をしっかりとその色にカラーリングすることと、眉に立体感を出す役割があります。まずは、毛の流れに逆らい、毛を立てます。その後、毛の流れに沿い、眉毛の流れを整えるようにつけていきます。

 

両方向からつけるのがコツで、どの角度から見ても、しっかりと染まっている眉毛になります。

 

毛が密集している場合は、特に丁寧にとかしながらつけていきます。

どんなに寝坊をした朝でも眉だけは書いて出かけると言った女性がとても多いです。それだけ眉は顔の印象をガラッと変えます。

 

しかし、意外に眉を書くのが苦手な方がいらっしゃいます。

 

そこで眉の基本の書き方をご紹介します。まず、ブラシで眉毛の流れを整えます。

 

まぶたの上やまぶたから大きく外れたところに生えているムダ毛を毛抜きで抜いて行きます。

 

眉間のウブ毛は細く毛抜きで掴みにくいので剃ります。

 

眉を整える用のヘッドの小さいカミソリやフェイスシェーバーなど、肌への負担が小さいものがあるので、それを使います。毛流れを整えたときに流れから はみ出している長い毛を眉ハサミで切ります。

 

眉山から眉尻にかけて、ブラシかコームでとかしてはみ出した毛を切ります。注意すべき点は眉頭から眉山部分は毛流れが複雑なので切らないでください。

 

眉の形で顔の印象は変わります。

 

冷静でクールな印象にする場合は眉山に角度をつけてシャープにしてください。

 

逆に柔らかい印象にしたい場合は眉山に丸みをだし、アーチにすると柔らかい印象になります。眉間などのうぶ毛は数日で生えてきます。

 

数日に1回、手入れをするようにしてください。

 

また、眉を書く時は毛のあるところにはパウダーを、少ないところにはペンシルを使うと、ムラなくきれいに仕上がります。

アイシャドウはいろいろな色から選ぶことができるということが魅力ですが、メイク初心者はブラウンから使いはじめましょう。

 

赤色や青色なども人気のある色ですが、色味があるとうまいか下手かということがわかりやすいというデメリットがあります。ブラウンを使う事で失敗しても目立たないというメリットがあるのです。

 

またメイク初心者は濃さを均一にしてしまいがちですが、グラデーションにすることで簡単に本格的なメイクをすることができるのです。

 

メイクをするうえで重要なことは、顔の凹凸と作るということです。

 

日本人は特に顔の凹凸が少ないので、メイクで凹凸を作る事で魅力的な印象を与えることができるのです。

 

均一の濃さで塗ってしまうことで顔に凹凸がなくなりのっぺりとした印象を与えてしまいます。

 

ブラウンのグラデーションにすることで影のような凹凸を作る事ができ、メリハリのあるメイクにすることができるのです。

 

また目を大きく見せることができるというメリットもあります。

 

グラデーションにすることで黒目を大きく見せることができ、女性的な魅力を引き出すことができるのです。

 

ですのでメイクの初心者はブラウンを選んでグラデーションにするようにしましょう。

マスカラを塗るときにまぶたに付いてしまうことがあります。

 

メイクに慣れているひとでも付くことがあるので、メイクの初心者はより付きやすいということになります。まぶたにマスカラが付いたときに注意することは、指でこすらないということです。

 

取らないといけないと思ってすぐにこすってしまうと取ることができない上にまつげに塗ったマスカラがだまになってしまう可能性があります。

 

そのようなときは綿棒を使ってこすることで綺麗に取り除くことができるのです。

 

綿棒を使う事で狭いまぶたに付いたマスカラも綺麗に取ることができます。

 

綿棒は細かい部分のメイクをするときや修正するときに非常に便利なアイテムです。

 

まぶたについたマスカラを取るときのポイントは、リキッドファンデーションを付けた綿棒でこするということです。

 

何も付けない状態で使用するとまぶたに塗ったファンデーションが取れてしまいます。

 

また乾いた状態だと取り辛いということも問題です。

 

ですのでリキッドファンデーションを含ませた状態で使う事でマスカラを取ることができると同時にファンデーションを塗る事もできるのです。

 

本来の目的ではありませんが、いろいろな使い方をすることでメイクをするときに便利なアイテムに応用することができます。

 

 

マスカラでパッチリ目になるには、まずはビューラーを使いしっかりとまつげをカールさせることが大切です。

 
上下ともに、まつげが放射線状になるよう、しっかりとカールさせることでパッチリ感がアップします。

 
カールがうまくできない場合はポイントビューラーを使い、目頭側、中央、目尻側と、何度かに分けてカールさせるのもいいでしょう。

 
まつげをカールさせたら、マスカラを塗る前にマスカラ下地を使います。

 
これはカールをキープさせ、マスカラのノリをよくしてくれます。

 
下地が乾いたら、マスカラを塗ります。

 
マスカラはまつげの生え際から塗っていきましょう。

 
この時、マスカラを左右に小刻みに動かすとよりしっかり塗ることができます。

 
まつげが放射線状に広がるよう、外側に向けて塗っていきましょう。

 
下まつげにマスカラを使うときは、マスカラを縦にし、先のほうを使って1本ずつ丁寧に塗っていきましょう。

 
黒目の上下のまつげにしっかりとマスカラを塗ると、目が縦に広がりパッチリして見えます。

 
マスカラを選ぶときは、自分のまつげのタイプに合わせ、まつげが短い人は長さが出るもの、隙間があってスカスカの人は密度が上がるものなどを選んでいきましょう。

 
両方のタイプを併用したり、下地の効果と合わせて使うことで、パッチリイキイキした目にすることができます。